銀杏・イチョウの力

銀杏とイチョウについて


【イチョウ (Ginkgo biloba)】
イチョウ科(公孫樹)、(銀杏)

秋になると黄金色に色づき大変美しいイチョウ は、もとは中国原産の裸子植物で、中生代より太古のままの姿で生存する大変めずらしい1属1種の植物です。

葉の形状は扇形で葉先が波形となる。雌雄異株で花は4月の新葉と共に開き、雄花は尾状花序、雌花は有梗で1~2個つける。果実は球形で秋に黄熟します。

この秋に落ちた果実の多肉質の部分(外種皮)は悪臭を放つことでも知られるが、皮膚炎を起こす物質も含まれているため、手指を介して間接的に接触した体の部位に炎症や浮腫性紅班等を起こします。

熟して落ちた果実から、その外種皮を取り除き、乾燥すると内種皮に包まれた白果ができます。これが食用とされる銀杏です。さらに内種皮を除いたものを白果仁と称し、中国の古書「本草綱目」にも咳、喀痰、気管支喘息などに効果がある鎮咳去痰薬として収載されています。



イチョウの種子

但し、銀杏はアンチビタミンB6物質(MPN)を含むので,大量に食べるとビタミンB6欠乏症と似た中毒症状を起こすことがあり、栄養不足が蔓延していた戦後の食糧難の時代には、しばしば新聞沙汰となったが、現在ではあまりこの様なことは聞かれません。

ちなみにこのアンチビタミンB6物質(MPN)が最も多く含まれるのは生の葉であり、次に内皮腫、その次に生の銀杏となる。又、このアンチビタミンB6物質(MPN)は、熱に弱く炒ったりゆでたりすることで著しく減少します。


黄葉した葉と実

黄葉した葉と実

一方、近年、多量のフラボノイドと極めて珍しい化学構造を有するジテルペン ginkgolide 類が含まれている緑のイチョウ葉が注目を集めています。そのエキスが脳血管の血流を改善し、脳血管障害の予防に有効であることから、ヨーロッパ諸国では盛んにイチョウ葉エキスの製剤が幾種類も販売され実績を上げているそうです。

ただ残念ながら日本では薬事法上の理由から、一部の健康食品に使われているだけでほとんど利用はされていません。


成分表

銀杏の成分を以下の表に示す。ぎんなん100g当たり生果

科学技術庁「資源調査会報告」87号から抜粋

成分 単位 含有量
エネルギー Kcal 172
水分 g 57.4
タンパク質 g 4.7
脂質 g 1.7
炭水化物 糖質 g 34.5
繊維 g 0.2
灰分 g 1.5
ミネラル カルシュウム mg 5.0
リン mg 12.0
mg 1.0
ナチリュウム mg 1.0
カリウム mg 700
ビタミン A カロチン μg 290
効力 IU 160
B1 mg 0.28
B2 mg 0.08
ナイアシン mg 1.2
C mg 23

尚、葉にはギンノール、ノナコサン、ギンクゲチン、シキミ酸を、心材にセサミン、ビロバンなどを含有する。


イチョウの葉やぎんなんの効果について

<空黄葉した葉

黄葉した葉

種子(銀杏、白果仁)には潤肺、鎮咳、去痰作用と、尿量を抑制する作用があり、きんかんやカリン等と同様に、古くより民間療法の咳止めとして現在に至っています。又、葉には13種類のフラボノイドとギンコライドという物質が含まれており、血管拡張作用、動脈硬化の改善、鎮痙作用、血糖値正常化、活性酸素除去作用、アレルギーの抑制作用、抗炎症作用等多彩な働きがあると言われています。

さらに、しもやけ等にも効果がある。又、葉には抗菌、防虫効果もあり、本にはさんでおくと防虫になることは良く知られています。

商品の購入はコチラ

各種ぎんなん加工品の紹介です。インターネットからのご注文も承っております。

お問い合わせメールフォーム