ぎんなんの食べ方・銀杏料理のレシピ編

ぎんなんの食べ方・銀杏料理レシピ【銀杏の串焼き】

■材料
・銀杏 30個程度
・あら塩
・小さじ1
・サラダ油 適量

1
銀杏を剥く(銀杏の殻の剥き方は別ページにて紹介しています。)
2
銀杏を3つづ楊枝にさしてサラダ油を薄く引いたフライパンで 軽く焦げ目をつけながらあら塩を絡ます。
殻剥きが面倒という方にオススメ!殻剥き銀杏はこちら!

ぎんなんの食べ方・銀杏料理レシピ【揚げ銀杏】

シンプルな揚げ銀杏です。銀杏のホックリ、もちもちした食感を味わえます。

■材料
・ぎんなん 10個
・塩 ひとつまみ
・サラダ油 適量

1
銀杏を剥く(銀杏の殻の剥き方は別ページにて紹介しています。)
2
揚げ油を弱火で熱し、銀杏を入れる。たまに菜箸で転がすと薄皮は剥がれます。 薄皮が剥がれたら取り除く。
3
弱火のまま1~2分ほっくりなるまで揚げたら、油切りし、塩を振る。
殻剥きが面倒という方にオススメ!殻剥き銀杏はこちら!

ぎんなんの食べ方・銀杏料理レシピ【銀杏のバター焼き】

銀杏本来の味と、ホクホクとした触感にバターが良く合い美味しいです。

■材料
・銀杏 30個程度
・バター 大さじ2
・ブラックペッパー 適量

1
銀杏を剥く(銀杏の殻の剥き方は別ページにて紹介しています。)
2
フライパンにバターを入れて溶けてきたら銀杏を入れバターをよく絡めます。
3
バターがいい具合に絡まり銀杏に焦げ目が付いたらブラックペッパーをお好みで振って出来上がりです。
殻剥きが面倒という方にオススメ!殻剥き銀杏はこちら!

ぎんなんの食べ方・銀杏料理レシピ【カレー銀杏】

ビールのお供に、酒のつまみにぴったりなカレー銀杏です。

■材料
・銀杏 30個程度
・カレー粉 少々
・片栗粉 少々
・塩 少々

1
銀杏を剥く(銀杏の殻の剥き方は別ページにて紹介しています。)
2
銀杏を下ゆで
3
水気を取った銀杏にカレー粉をふりいれてから、片栗粉をいれてボウルをゆすり、まんべなく付ける。
4
フライパンに多めの油を入れて、粉のついた銀杏を1分炒める。
【注意】たまにはねるので気をつけて。
5
焼きあがったら軽く塩をふり出来上がり
殻剥きが面倒という方にオススメ!殻剥き銀杏はこちら!

ぎんなんの食べ方・銀杏料理レシピ【ぎんなんの甘露煮】

栗の甘露煮に似て、ほっくりして美味しい!

■材料
・銀杏 200g
・砂糖 60g
・水 100cc
・塩 少々

1
銀杏を剥く(銀杏の殻の剥き方は別ページにて紹介しています。)
2
砂糖・水・塩を入れた鍋を火にかけ、砂糖と塩が溶けたら銀杏を入れ煮詰めていきます。
3
照りが出てきて煮汁が半分くらいの量になったら出来上がり。
【ポイント】煮詰めすぎに注意!
銀杏の甘露煮は冷めると固くなりますが、少し温めるとほっくりした食感に戻ります。
殻剥きが面倒という方にオススメ!殻剥き銀杏はこちら!

ぎんなんの食べ方・銀杏料理レシピ【銀杏の炊き込みご飯】

ぎんなんをたっぷり炊き込んだ秋らしい炊き込みご飯です。

■材料
( 4人分)
・米 2合
・ぎんなん 30個程度
・昆布だし 適宜
・塩 小さじ2/3

1
銀杏を剥く(銀杏の殻の剥き方は別ページにて紹介しています。)
2
銀杏を下ゆで、薄皮は取ります。
3
米は普通に研ぎ、炊飯器の2合の目盛りまで昆布だしを入れ塩を加えます。
4
上に下ゆでした銀杏を散らし、普通に炊きます。
5
ご飯が炊きあがったら出来上がりです!
殻剥きが面倒という方にオススメ!殻剥き銀杏はこちら!

商品の購入はコチラ

各種ぎんなん加工品の紹介です。インターネットからのご注文も承っております。

お問い合わせメールフォーム